住みやすさを重視

木造住居

その昔、一戸建てと言うのは雨風がしのげればいいと言う程度の考えで建てられていて、そこに癒しや安らぎを求めることはありませんでした。最低限必要な機能さえあれば良しとされていたわけです。しかし、数百年と経過するうちに、一戸建ては財産として考えられるようになりました。さらには、癒しや安らぎを求めて、一戸建てを建てる人が増えていったのです。 やがて住宅不足が解消されると、量から質へと変化しました。住宅の数は十分足りていますが、一時期質の面で不満を抱える人が増えたのです。しかし、現在は住まいへの満足度は向上しつつあります。とは言え、今後は住宅業界もより住宅の質の面に着目して活動していくことが求められています。

現代の一戸建ては、居住性の良さを考えて建てるのが当たり前です。昔のように、雨風がしのげるだけでいいと考える人はいません。そう言うこともあり、色々な場所に癒しや安らぎを求めるようになりました。とくに、お風呂やトイレにこだわる人が多いです。 トイレは0.5坪が標準的な広さですが、1坪に広げてゆったり使う人も増えました。トイレの設備機器の進化のスピードも目まぐるしいです。しかし、最新の機器を導入すればそれだけ費用はかかります。とくに、機器は少しグレードを上げるだけで、数十万円変わることも多いです。お風呂もユニット方式ではなく、オーダー方式でつくると100万円以上変わることも珍しくありません。資金計画はしっかり行いましょう。