全てが新しい

青い家具の部屋

新築住宅の魅力は全ての設備が新しいということです。新生活を始めるのにふさわしい環境です。住宅ができたばかりの状態なので、誰も使用していませんし、万が一傷みや損傷個所を見つければ、責任問題を追及する事も可能です。 新築住宅はすべての設備が新しいので、使用する建材やシステムによっては高額の支払いが必要になります。身の丈に応じた住宅を選ぶことが重要です。しかし、新築住宅には減税措置が適用されるので書類上の販売額と実際の支払が異なる場合があります。住宅の面積や金額によって規定が細かく分かれているので、住宅メーカーの担当者に理解ができるまで質問をすることが重要です。また、自分でも調べて理解をすることで失敗を回避できます。

新築住宅を購入する際には、ハウスメーカーが販売する分譲住宅か注文住宅かでも金額が違ってきます。注文住宅は使用する建材の質にもよりますが、分譲住宅よりも高額になります。完成するまでに時間がかかるので、実際に出来上がるまでは中を確認する事ができません。紙の上で完成を想像することしかできませんが、自分の思い通りの家を建てることができます。要望があれば、担当者に細かく伝えることが必要ですが、変更が出ると金額が上乗せされるかもしれません。分譲住宅は内覧をして購入するかどうか決めることができますし、販売価格が注文住宅に比べて安い傾向になります。また、販売価格が明確になっているので住宅ローンの返済プランを組みやすくなります。